SniPo

もと京大スナイプリーダーが技術・チーム作りを発信

今までで1番短い記事

社会レベルで先見の明が問われているように感じる。

コロナの後はどうなるか?とか。

次の時代何が求められるか?とか。

 


それはチーム・組織でも言えることなのか。

社会が一定不変でないのと同様に、チームも不変なものなんかでは決してない。

 

チームも常に変化し続ける動的な存在である。


自分含め、みんながレースメンバーにのみ拘っていたとき、京大ヨット部の未来を切り開いたのは誰だったのか。

 


「チーム」という概念、組織の軸に目を向けたのは誰だったのか。

 


では、チームのことを考えるメンバーがマジョリティになった「チーム」の未来を切り開くのは、何を考える人なのだろうか。

 


答えのない問いに自分なりの解を出すことでしか、未来を切り開けないんとちゃうかなあ。

 

ずっと同じことやっててもあかんのやで。